気が付けばこんなにもの種類が出回っているマッサージ、それぞれを解説するサイト『マッサージ入門』

●●●オイル●●●

【アロママッサージ】

アロマオイル(エッセンシャルオイル)を使ったマッサージで、
オイルの匂いでリラックスすることができます。
アロマオイルの原液を直接お肌につけることは出来ませんので、
キャリアオイル(植物油)で1%以下に希釈します。エッセンシャルオイルには
多数の種類があり、それを希釈して各人の体調に合ったオイルを使ってマッサージします。
香りがよいのが特徴で、その香りとの相乗効果もあります。

【オイルマッサージ】

オイルを使ったマッサージで、手法としてはオイルを使用し全身をマッサージし、
皮膚及び表層筋肉を柔らかく撫でるように指圧する刺激と、オイル成分の皮膚からの
浸透による効果を促す方法です。やさしく筋肉がほぐれるため女性が好むマッサージです。
マッサージの際には着衣を脱ぐ必要がありますので、施術者は女性が多数です。

【リンパマッサージ】

リンパ液の流れを活性化させ、流れの滞ったリンパ液の流れをよくするマッサージです。
リンパ管とは血管に似た管で、その管の中を流れているのがリンパ液です。
リンパ液は血管に入りきらない大きな老廃物を流し、排出する機能を持っていますが、
筋肉の動きにより流れるので筋肉の動きがないとリンパ液の流れが渋り、
体内に不要物が蓄積され、むくみなどの様々な問題を引き起こすようです。
その流れをよくするために施すマッサージがリンパマッサージです。
オイルなどを用いてマッサージします。

【フットマッサージ】

腿から下、膝から下、また足裏までやる場合とやらない場合など
違いがあるようです。主にオイルを使い、足に滞留したリンパの流れがよくなるように
マッサージします。立ち仕事の多い方などには効果があります。

【台湾式マッサージ】

台湾式マッサージは、台湾に古くから伝わるオイルトリートメントが主流です。
独特なオイルを使い全身をトリートメントします。
足踏みマッサージはセラピストが患者の上に乗り、足で体を押すスタイルです。
全身マッサージは蒸しタオルを大量に体に重ね、体を温めることが特徴です。

【リフレクトソロジー】

足裏などにある身体全体の臓器や器官の「反射ゾーン」を指でくまなく刺激することにより
血液やリンパの流れをスムーズにし、人間が持っている自然治癒力を本来の状態に
戻すという考えを基本とした足裏健康法です。
足には各器官の反射ゾーンがあり、「足は第2の心臓」との考えがあります。
リフレクソロジーは「第2の心臓」に直接働きかけることによって、
血流を本来の状態に戻そうという技術なのです。
またリフレクソロジーは、手のみを使って足全体を刺激していきます。

【ロミロミマッサージ】

筋肉をほぐし血液やリンパの流れを正常化するための、
オイルを使ったハワイの伝統的マッサージです。
もともとはハワイの王朝時代から伝わる伝統医療です。
指圧はツボを指でとらえて点でマッサージしますが、
ロミロミは手のひらや腕などを使い面でマッサージします。